eリフォームトップ > eリフォームとは?

「eリフォーム」に掲載をご希望の業者様は、下記の「eリフォーム」業者会員登録規定をよくお読みの上、次のページで必要項目を送信してください。
※掲載開始には審査がございます。後日、担当より審査結果をご連絡致します。

第1条(本規定の目的)


株式会社シップ(以下、「シップ」という。)が運営する「eリフォーム」サイト(http://senior.ereform.net/)において提供するサービスの内容、当該サービスを利用するために住宅リフォームの設計または施工を行う事業者(以下、「リフォーム事業者」という。)がシップの「eリフォーム登録事業者リスト」に登録するための手続き、登録するための要件、「eリフォーム登録事業者リスト」に登録されたリフォーム事業者(以下、「登録リフォーム店」という。)が遵守すべき事項等を定めるものである。

第1章 eリフォームについて

第2条(定義)


本規約においては、次の各号記載の用語はそれぞれ次の意味で使用します。
(1)「eリフォーム」とは、サイトを中心としてシップが運営する住関連の仲介サービスをいいます。
(2)「本サイト」とは、商品またはサービス(以下、「商品等」といいます。)の提供にかかる情報の掲載、オンラインによる商品等提供の申込み等の転送その他のサービスを提供する機能を持ったウェブページで、シップが本規約に基づいてインターネット上で運営するシステム全体をいいます。
(3)「本サイト利用者」とは本サイトにアクセスし、本サイトを利用するすべての者をいいます。
(4)「本サービス」とは、シップが本規約に基づき、本サイトを通じて提供するサービスをいいます。
(5)「登録リフォーム店」とは、本サイト上に掲載されている法人または個人商店をいいます。
(6)「リフォームメニュー」とは、工事内容・価格が併記されたものをいいます。

第3条(eリフォームの目的)


「eリフォーム」は、本サイト利用者がリフォーム事業者に関する情報とこれに対するリフォーム事例やリフォームメニュー、登録リフォーム店のスタッフを閲覧することができる環境を整えることによって、利用者がリフォーム工事を依頼するリフォーム事業者を選定するために必要となる情報を提供すること等を目的とする。

第4条(本サービス)


シップは、本サイトの運営を通じて、利用者及び登録リフォーム店に対して、次の各号に掲げるサービスを提供する。
(1)登録リフォーム店に関する情報(ただし、シップが定めるものに限る。)をサイトに掲載すること。
(2)登録リフォーム店が自社の情報を本サイトにアップするための管理画面を提供すること。

第2章 事業者登録等

第5条(登録の申し込み及び審査)


1. 登録希望事業者は、シップに対し、次項以下に定めるところに従って「eリフォーム登録リフォーム店リスト」への登録の申し込みを行うものとする。
2.前項の登録の申し込みにあたって、登録希望リフォーム店は、次の各号に掲げる各書類(以下、「登録申込書等」という。)をシップに提出するものとする。
(1)登録申込書
(2)リフォーム瑕疵保険の事業者登録を証する書類の写し
3.登録希望リフォーム店が法人であり、本社、営業所等から成るときは、第1項に定める登録の申し込みは、登録を希望する本社、営業所等毎にそれぞれ行うものとする。
4.シップは、原則として登録の申し込みを受けたときは、30日以内に登録の諾否を決定し、当該登録希望リフォーム店に対してその結果を通知する。
5.シップから登録を許諾する旨の通知(以下、「許諾通知」という。)を受けたときは、登録希望リフォーム店は、登録リフォーム店となる。ただし、所定の期間内に費用を納付しないときは、許諾通知は遡って失効し、当該登録リフォーム店は当初から登録リフォーム店とならなかったものとして扱われる。
6.登録希望リフォーム店または登録リフォーム店は、「eリフォーム登録事業者リスト」への登録が、当該登録希望リフォーム店または登録リフォーム店の売上増加、見積依頼その他利用者からの問合せ件数の増加等について、シップがこれを保証するものでないことをあらかじめ了承する。

第6条(登録資格)


「eリフォーム登録リフォーム店リスト」への登録を許諾されるためには、登録の申し込みをした登録リフォーム店は、次の各号に掲げる要件を全て満たしていなければならない。
(1)いずれかの住宅瑕疵担保責任保険法人にリフォーム瑕疵保険の事業者登録をおこなっていること。
(2)暴力団、暴力団員、暴力団体関係者その他反社会的勢力者でないこと。
(3)異なる時期に施工した工事において、同一原因により事故が多発するなど技術力が著しく低いと認められる者でないこと。
(4)建築業許可を取得していること。
(5)顧客対応が可能である店舗等を有していること。
(6)本サイトの担当者を必ず1人は配置していること。
(7)リフォーム専任担当者を必ず1人以上は配置していること。
(8)リフォームを提案できる人材、もしくはツールがあること。
(9)一級建築士もしくは二級建築士を雇用していること。または、提携建築士事務所があること。
(10)建築関連法規、特定商取引法、廃棄物処理法、消費者契約法など関連法令により、過去2年以上処罰を受けていないこと
(11)住宅瑕疵担保責任保険法人にリフォーム瑕疵保険の事業者登録をしていること
(12)インターネット環境が整っていること
(13)個人情報保護法に基づいた管理が出来ていること
(14)最低でも過去2年間以上、法人としての実績があり、自社ホームページにその実績をリフォーム事例として10事例以上、顧客から見て分かりやすく掲載していること
(15)顧客からの問い合わせに迅速に対応できること

第7条(拒否事由)

登録希望リフォーム店が以下の各号に掲げる事由のいずれかに該当するときは、シップは、その登録を拒否することができる。
(1)第4条第1項に定める登録申込書等に不備があり、補正を勧めても、適時に補正が行われないとき。
(2)登録が抹消されてから2年を経過していないとき。
(3)その他、シップが「eリフォーム登録リフォーム店」として不適切と判断したとき。

第3章 サイトの利用及び登録事業者の義務

第8章(サイトの利用)


登録リフォーム店は、サイトを通じて、次の各号に掲げるサービスを利用することができる。
(1)サイトに掲載された当該登録リフォーム店に関する情報を、随時、自ら更新すること。
(2)次条に定めるところにより、利用者に対して、サイトを通じてリフォーム工事に関する照会への回答、見積依頼への回答その他の情報提供を行うこと

第9章(利用者照会の手順)


シップは、主として次の各号の手順により、登録リフォーム店に対して利用者を紹介する。
(1)利用者から登録リフォーム店へのサイトを通じての照会
(2)利用者から登録リフォーム店へのサイトを通じての見積依頼

第10条(照会)


1.利用者から照会を受けたときは、登録リフォーム店は、速やかに次条に定める方法でそれに回答するものとする。
2.シップは、登録リフォーム店と利用者の間でやりとりがなされた情報について、サイトを円滑に運営するとともに、サイトを利用する利用者及び登録リフォーム店の利便性を向上させる目的を達成するために必要な範囲で、これを取得及び利用することがあることを登録リフォーム店は、あらかじめ承諾するものとする。

第11条(照会への回答)


1.利用者から照会を受けたときは、登録リフォーム店は、サイトを通じて5日以内にそれに回答するものとする。
2.登録リフォーム店は、照会への回答ができないときは、その旨及び理由を利用者及びシップに所定の方法で通知するものとする。

第12条(見積依頼・問合せ)


1.利用者から見積を依頼されたとき、または、問合せを受けたとき、登録リフォーム店は、速やかに、次条に定める方法で見積依頼者または問合せ者に回答するものとする。
2.シップは、登録事業者と利用者の間でやりとりがなされた情報について、サイトを円滑に運営するとともに、サイトを利用する利用者及び登録リフォーム店の利便性を向上させるとの目的を達成するために必要な範囲で、これを取得及び利用することがあり、登録リフォーム店は、あらかじめこれを承諾するものとする。

第13条(見積依頼・問合せへの回答)


1.利用者から見積を依頼されたとき、または、問合せを受けたとき、登録リフォーム店は、利用者から指定された方法のいずれかで、それに回答するものとする。
2.登録リフォーム店は、見積依頼または問合せがあったときは、速やかに利用者に連絡をとり5日以内に回答をするものとする。なお、登録リフォーム店が、見積依頼または問合せを受諾できないときは、受託できない旨及び理由を利用者及びシップに所定の方法で通知するものとする。

第14条(初期登録料及び月額費)


(1)登録リフォーム店は、許諾通知を受けたときは、所定の期間内に指定された金額をシップ宛てに支払わなければならない。
(2)登録リフォーム店は、毎月の照会料および月額費用をシップから送られる請求書の通り、指定された期間内に指定された方法でシップ宛てに支払わなければならない。
(3)シップは、第21条に定める自主抹消または第22条に定める強制抹消により、登録リフォーム店の登録を抹消した場合にあっても、既に支払われた初回登録料及び月額費の返還しない。

第15条(照会料)


1.登録リフォーム店は、所定の期間内に指定された照会料を支払わなければならない。
2.照会料は毎月1日から月末までの期間で締めたものを毎月支払わなければならない。
3.登録リフォーム店は、毎月の照会料をシップから送られる請求書の通り、指定された期間内に指定された方法で支払わなければならない。
4.利用者から本サイトを通じて登録リフォーム店にあった照会でも下記の場合、照会料が発生しない場合がある。
(1)誹謗中傷などの内容の場合
(2)登録リフォーム店の対応地域外からの照会の場合
(3)あきらかにリフォームに関する内容とは違う内容の場合
(4)その他、シップが無効と判断したもの

第16条(遵守事項)


登録事業者は、次の各号に掲げる事項を遵守するものとする。
(1)利用者に虚偽の情報を提供するなど利用者による適正な判断を誤らせる行為を行わないこと
(2)本規定に定める初回登録料・月額費用及び照会料を所定の期限までに納付すること
(3)請負金額100万円以上のリフォーム工事を請け負う場合には、リフォーム瑕疵保険に加入すること
(4)利用者からクレーム等を受けたときには、これに誠実に対応すること

第17条(努力事項)


登録リフォーム店は、できる限り次の各号に掲げる事項に努めなければならない。
(1)リフォーム事業者独自のホームページに過去の実績としてリフォーム事例を利用者が分かりやすいように文字と写真を使い掲載すること
(2)前項のリフォーム事例を、ホームページに10事例以上は掲載をすること
(3)「eリフォーム」の管理画面より、定期的に情報の更新をしていくこと
(4)次に掲げる項目について適宜掲載するとともに、内容の変更があった場合には、直ちに更新をすること
・リフォーム関連資格(人数含む)
・加入団体
・従業員数
・資本金
・年間売上
・所在地
・連絡先
・スタッフ情報
・リフォーム事例
・リフォームメニュー
(5)顧客に対してリフォーム工事に要する費用を低減等すること

第18条(変更手続きなど)


登録事業者は、登録申込書の内容に変更が生じたときには、速やかに所定の方法でその変更手続きを管理画面から行わなければならない。

第4章 登録リフォーム店が受忍すべき事項

第19条(調査)


シップは、登録リフォーム店について、必要に応じ調査を行うことがある。

第20条(サイトデザイン等の変更)

1.シップは、サイトデザイン等について、随時変更することがある。
2.登録リフォーム店は、前項に定める内容について、あらかじめこれを承諾するものとする。

第21条(通知)


1.シップから登録希望リフォーム店及び登録リフォーム店に対する通知は、通信障害等やむを得ない事情が発生したときを除き、電子メールで通知に係る事項を送信する方法によって行う。
2.登録希望リフォーム店及び登録リフォーム店への電子メールは、登録希望リフォーム店及び登録リフォーム店のサーバーへ着信した時点で有効に通知されたものとみなす。

第22条(サービスの一時中止)

シップは次の各号のいずれかに該当するときは、登録希望リフォーム店及び登録リフォーム店に事前に通知することなく、一時的に第3条に定めるサービスの提供を中止することができる。
(1)停電や天災、地震、津波、落雷、テロ、暴動、戦争、ストライキ等及びこれらに類似する事変などの不可抗力によるとき。
(2)インターネットによる情報提供を行うシステムの保守点検や修理を行うとき。
(3)その他やむを得ない事情があるとき。
2.シップは、前項に定めるサービスの一時中止により登録リフォーム店が損害を被ったとしても、その損害を賠償する義務を負わない。

第5章 登録の抹消

第23条(自主抹消)


1. 登録リフォーム店は、有料登録の抹消を希望する時は、「登録抹消希望」の旨を明記の上、シップ(info@shipinc.co.jp)までメールにて届け出るものとする。
2. 前項の登録抹消手続きが完了した時をもって登録は抹消され、登録会社としての資格を喪失する。

第24条(強制抹消)

1.登録リフォーム店が次の各号に掲げるいずれか1つの事由に該当するときは、シップは、その登録を抹消することができる。
(1)当初から登録資格を満たしていなかったことまたは拒否事由に該当することが判明したとき。
(2)後日、登録資格を1つでも欠いたとき。
(3)建設業の許可の取り消しを受けたとき。
(4)建築関連法規、廃棄物処理法、消費契約法などに関連して処罰を受けたとき。
(5)本規定において、登録リフォーム店が行うべきことを行わなかったとき。
(6)遵守事項に違反し、かつ、その是正を催告されたにもかかわらず、これに応じなかったとき。
(7)登録リフォーム店が、第4条に定める登録の申し込みまたは第16条に定める変更手続きにおいて、シップに対し虚偽の申請を行ったとき。
(8)シップから送信する電子メールが、連続して5回以上登録リフォーム店のサーバーに着信せず、シップからの事情照会の電話に対し正確な説明が行われなかったとき。

第6章 雑則

第25条(損害賠償責任の免責)


シップは、「eリフォーム」の運営に関連して、登録リフォーム店が何らかの損害を被ったとしても、その損害を賠償する義務を負わない。

第26条(規定変更)


1.本規定は、諸般の事情により変更することがある。
2.本規定が変更されたときは、登録リフォーム店等の権利及び義務の内容は変更後の規定に従う。
3.登録リフォーム店は、前2項に定める内容について、あらかじめこれを承諾するものとする。

第27条(準拠法及び管轄)

この規約は日本法を準拠法とし、登録リフォーム店及び登録希望リフォーム店とシップの間で、訴訟の必要が生じたときは、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

上記に同意の上申込み項目を入力