火災 -安全なモノ選び-

キッチンって火の元。
火災の防止の為にできるだけ安全な物をを使いたい…
ガスコンロとIHクッキングヒーター
どっちがいいのかも悩むわ。

キッチンリフォームに悩めるおばさん
キッチンリフォームに詳しいおじさん

まずはどんな人がリフォームした方がいいのか、
次にガスコンロとIHクッキングヒーターの
違いについて教えていくよ!

2008年10月販売されるガスコンロの基準が変わりました

2008年10月より、ガスコンロは全口安全センサーのついた物以外、
製造と販売が禁止されました。安全センサーの目印はこのような形状です。
自宅のコンロの購入時期と形状から交換を検討してみてはいかがでしょうか?

2008年以前のガスコンロ

2008年以前のガスコンロ

2008年10月以前に販売されていた
安全装置の付いていないガスコンロ

Siセンサーコンロ

Siセンサーコンロ

2008年10月の法令改定後から販売された
全口安全装置付Siセンサーコンロ
コンロ中心の温度センサーと
立ち消え装置が目印です

Siセンサーコンロてどんな機能があるの?

調理油加熱防止装置

調理油加熱防止装置

鍋底が250度になったら火が止まります。天ぷら油の温度上昇による火災を防ぎます

立ち消え安全装置

立ち消え安全装置

吹きこぼれなどで
火が消えてもガスを
すぐに止めてくれる機能

消し忘れ消化機能

消し忘れ消化機能

消し忘れても
一定時間を越すと自動で
火を消してくれる機能

早きれ防止装置

早きれ防止装置

温度が250度を超えても
消火するのではなく
火力を変え
温度調節してくれる機能

火災を防ぐには、調理油加熱防止装置・立ち消え安全装置・消し忘れ消化機能・はや切れ防止装置のついたSiセンサーコンロへリフォームを!

キッチンリフォームに詳しいおじさん
IHクッキングヒーターなら火も使わないから
安全って思うかもしれないけど、IHクッキングヒーターでも
使用方法を間違えると火災は発生します。
ガスコンロ、IHクッキングヒーターの両方とも、
火災の原因は目を離したり使用方法が正しくないときが多いです。
換気扇のようなモーターがついた物は熱を持ちやすく、
台所では油で汚れ着火しやすい状態です。
定期的なメンテナンスを心がけましょう!

定期的なメンテナンスで綺麗な換気扇

なるほど!
交換するならガスコンロかIHか悩むところだけど、
どっちがいいのかしら?

キッチンリフォームに悩めるおばさん
キッチンリフォームに詳しいおじさん

最近ではガスコンロもIHクッキングヒーターも
安全性の差はほとんどないんだ!
メリット・デメリットを教えるよ!

ガスコンロ&IHクッキングヒーターのメリット・デメリット

ガスコンロ

ガスコンロ

ガスコンロは火を起こすことで加熱します。最近では火災防止機能をつけたものも多いですがガス漏れによる事故も起こることがあります。
高齢の方は、なれたスタイルで「使いやすい」と感じる人も多くいるようです。
メリット
IHより熱伝導率が高いので、調理が快適
ご飯がおいしい
炎が見えるので火加減の調整がしやすい
ガスなので停電時も使える
調理器具を選ばない
導入時のコストが安い
デメリット
IHに比べ掃除が大変
キッチン周りが暑くなる
燃えやすいものを周囲に置けない
換気が必要

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは電気を使い磁力線を動かすことで鍋底を暖めます。
火やガスを使わない点はガスコンロに比べ安全ですが、今まで使っていた調理器具が使えなくなったり、電源を切り替える工事が必要になったりとガスに比べてコストが高いです。
メリット
プレートがフラットなので掃除も快適
水蒸気の発生が少なく換気扇が汚れにくい
キッチン周りが暑くならない
直接火が出ないので衣類の袖などが燃えない
周囲に置く物にそれほど気を使わなくてよい
換気は最小限で良い
デメリット
使える鍋が限られる
フライパンを振ったりできない
炙り物ができない
焦げ目をつける料理に不向き
停電になったときに使えない
200V電源に切り替える配線の工事が必要
電磁波が発生する

なるほど!
どっちもメリットでメリットがあって
まだまだ選ぶの悩みそう。

私一人じゃ決断できないわ。

キッチンリフォームに悩めるおばさん
キッチンリフォームに詳しいおじさん

そういう時は住まいのプロに相談してみよう!
さらに詳しく商品の機能や性能を説明してくれるし
あなたにぴったりのものを紹介してくれるはず!
キッチン・家全体には事故につながることがたくさん。
無料相談を使って気軽に相談してみて!?
それでは素敵なHAPPYLIFEを!

住まいのプロに相談してみよう! 問合せ簡単フォームはこちらから